借金の影響が出る可能性の高い職種は主に銀行、貸金業、信販会社などです。

借金は就活に影響は出る?

借金の履歴は信用情報機関によって共有しています。
通常のローンやクレジットカードの申込をする場合は本人の同意を得て、金融機関が信用情報機関の内容を確認して審査を行います。
未成年者の学生の場合、ここで気になるのは就活するときに応募先の企業が信用情報機関を閲覧しているか?という部分になるでしょう。

 

法律や信用情報機関の規則の話をすると、採用選考のために信用情報機関の内容を閲覧することは禁止されています。
信用情報機関は基本的には本人の同意なしに閲覧はできませんし、就活目的で本人から開示の同意を得る行為も違法です。
つまり、借金していても就活には影響は出ませんし、応募先の企業に借金がバレることはありません。
例外として自己破産している場合は、質屋や弁護士、旅行会社など就けない仕事の制限があるため就活にも大きく影響します。
しかし、これはあくまでも原則の話です。一部では本人の同意を偽造してこっそり借金がないかチェックしている企業もあります。
雇用主の企業から見ても応募者が借金をしているのかや、過去に返済遅延のトラブルを起こしていないかは気になるところです。
そのため、一部では借金していると就活で不利になって採用されないという噂が拡散しています。

 

 

借金の影響が出る可能性の高い職種

面接中の女性と面接官の写真

まず懸念しないといけないのは信用情報機関の会員になって日常業務の中で閲覧できる業種です。
主に銀行、貸金業、信販会社などです。
続いて、信販会社の代理店になってローンの取り扱いをできる業種です。
車や不動産、貴金属、洋服、旅行などがあります。

 

信用情報機関を選考のために無断閲覧するのは違法で、バレると会社の評判を大きく落とすことになります。
大企業の方が信頼性が高く、新車販売のディーラーや中規模の消費者金融くらいの中堅規模の会社では内緒で閲覧しているケースがよくあります。

 

ただし、こればかりは応募した会社のモラルを信じるしかないですし、もし信用情報機関を閲覧して借金を理由に不採用になったのであれば、その会社はブラック体質の可能性が高いです。
ある意味借金がある中で就活をした方が、ブラック企業を見極められるかもしれません。

保証人に関して詳しくはこちら

 

借金の内容もポイント

学生であっても遊びのためにキャッシングを利用したりスマートフォンやパソコン、車、バイクなどをローンや分割で購入することは当たり前です。
もし借金を見られるとしたら、借金の有無ではなく返済遅延や未成年にはふさわしくないような金額の借金をしている場合にマイナス評価となります。
借金をして滞りなく返済しているのであれば、責任感が強いと良い評価を受ける可能性もあります。