親に内緒でカードを作るのは困難なので、必ず親に相談をしましょう。

収入が無くてもカードは作れる?

クレジットカードの審査で収入はもっとも重要な項目です。
バイトでもいいので、少しでも収入があれば、その他の借入や過去の返済遅延(携帯電話料金を含む)に問題がなければカードを作れます。
収入が全くない場合は、本来のルールだとカードは作れませんが以下の場合はカードを作れる可能性があります。

 

・学生
・家族カード
・自営業になる
・派遣会社に登録する

 

家族カードは、本会員が現在カードを問題なく使えているのであれば、18歳以上など年齢条件を満たすだけで確実にカードを作れます。
ただし、支払いは本会員が一括で支払うことになり、何にお金を使ったかバレてしまうので未成年者の場合は都合の悪いことも多いでしょう。

 

 

学生は無職でもカードを作れる?

男性のカフェ店員の写真

専門学生や大学生(院生)であれば、無職でもクレジットカードを作れる可能性があります。
ちょっとしたバイトの収入があれば一気に審査は有利になりますが、無職でも学生であれば学校にも行かず仕事もしていないニートよりも圧倒的に有利です。
学生は将来働く可能性が高いですし、学費を払えているのであれば親の力を含めて返済能力は無職よりも高いと判断されます。
大手信販会社でも学生向けカードを用意している所は多く、学生専門のカード会社も存在します。
ショッピング枠は最低限の内容になりますが、とりあえずカードを作れればなんでもいいのであれば、審査を受けてみる価値はあります。
利用したいカードにこだわり条件があれば、何かしらの方法で収入を作るとよいでしょう。

 

 

自営業になる

自営業は開業届出を行えば初期費用をかけずに誰でもなることができて、開業届なしでも白色申告をすることも可能です。
カードを作るためにはバイトをした方が手っ取り早いですが、働きたくない場合は自営業者になってしまう方法もあります。
学生や未成年でも自営業者になってカード発行はできるので一つの方法として検討してみてください。
ビジネスに実態がなくても友人を相手に取引をして売上と利益をあげたという実績を作ってしまい確定申告すれば、実際は無職でも社会的には自営業者になります。
赤字の場合は自営業者でもカードを作れないので注意しましょう。利益を出しすぎると税金の問題が出るので最低限の売上と利益にするのがポイントです。
ただし、自営業者としてカード審査を受ける場合は確定申告書の提出を求められる場合があります。
確定申告は1~12月までの分を翌年の2月中旬~3月中旬に行うため、時期的な問題ですぐにカードを作れない場合もあります。

 

 

派遣会社に登録だけする

クレジットカードの審査は勤務先への在籍確認が行われます。
適当な働き口を書いても、嘘だとバレてしまうので注意しましょう。働きたくない場合や学生で働けない期間が多い場合は派遣会社に登録しましょう。
実際に働いていなくても、派遣会社に登録している実績さえあれば在籍確認をクリアできます。
あとはカード申込時の年収を0ではなく見込みを含めて色を付けてあげればカード審査をクリアできます。