未成年のクレジットカードのキャッシング枠は収入の有無がポイントになります。

キャッシング枠は付けられる?

未成年でもクレジットカードを作ることは難しくありません。
しかし、ショッピング枠だけのクレジットカードではなく、社会人が持つようなキャッシング枠付きのカードだと審査も厳しくなります。
キャッシング枠が付いていると、限度額の範囲内でいつでもATMから借入ができます。
未成年の場合は消費者金融などのキャッシング審査はカード発行以上に厳しいので、少額でもキャッシング枠付きのカードを持っておくと有利です。

未成年がお金を借りる方法について詳しくはこちら

 

収入の有無がポイント

電卓と給与明細書

学生であれば一切収入がなくてもクレジットカードを作れる場合があります。
クレジットカードの審査は法律による制約はなくカード会社ごとの審査でショッピング枠を決めることがあります。
実際には審査に通ることはないですが未成年の学生で収入がなくてもショッピング枠1,000万円でカード発行することは法律的にOKです。
しかし、キャッシング枠の場合は借入という形になるので貸金業法の規則で年収の3分の1以上の貸付は、車や住宅ローン、学資ローンなど特定の目的ローンを除いて禁止されています。
たとえばキャッシング枠10万円でカードを作りたい場合は年収30万円が必要になります。
ちなみに年収制限は他の借入も合算されます。例えばスマホの端末代金を携帯キャリアの分割払いで購入した場合は借入残高として扱われてしまいます。
その他の借入がないことを条件に年収30万円であれば、月に2~3万円のバイト収入があればクリアできます。
少しでも働いているのであれば未成年でもキャッシング枠を付けるのは簡単です。
ただし、未成年のうちからいきなり50万円以上のキャッシング枠を付けるのは難しいです。

 

 

カードによってキャッシング枠の基本設定が違う

年会費無料で未成年でも作れるカードであっても10~30万円程度のキャッシング枠が付くことは珍しくありません。
カードによっては、収入さえあれば要望なしでもキャッシング枠を付ける設定にしているカードもあります。
学生向けカードはキャッシング枠は希望者だけとか、付けること自体ができない場合もあるので注意しましょう。
申込時にキャッシング枠の設定内容を確認して、キャッシング枠0円になっていたら、申込希望条件を変更できないか確認してみましょう。

キャッシング枠が付いていると使いすぎてしまいそうで不安と感じて、あえて付けない希望を出す人もいますが、キャッシング枠は後から追加しようとすると再度審査を受ける手間が発生します。
最低限のキャッシング枠を付けるのは当たり前のことで、いざというときに保険のような役割になります。
10万円など最低限の金額でもいいのでキャッシング枠付きのカードを持っておくことをオススメします。