クレジットカードのキャッシング枠であれば未成年でも利用できます。

お金を借りる事は出来る?

お金を手軽に借りる方法といえばアコムやプロミス、アイフルなどの消費者金融ですが、一般的な大手消費者金融は利用規約で満20歳以上でないと利用できないようになっています。
クレジットカードは未成年でも簡単に作れますが、キャッシングになると一気にハードルが上がるので注意しましょう。
なお、最近流行しているカードローンも原則20歳未満の未成年は利用できません。

 

未成年でお金を借りる場合は、学生ローンを利用するかクレジットカードを活用するしかありません。
実際のところは、本当にお金に困ったときは親や友人などからお金を借りて対処しているケースが多いです。

 

学生ローンでも未成年はハードルが高い

学生ローンは小規模業者が運営しているケースが多いですが、半数以上の学生ローンは満20歳以上を条件にしていて、利用者の大半は大学2年生以上というところが多いです。
一部では大学生や専門学生(高校生より上)であることを条件に未成年でも貸付を行っているところもありますが、親権者の同意を必須にしています。

 

親に相談してお金は貸せないから、自分で金融機関から借りて対処しろって言ってくれる親ならいいですが、そんな家庭は少数派で親にはお金のトラブルを相談すらできないという方が多いでしょう。
親の同意を得られないのであれば学生ローンであっても未成年者ではハードルが高いです。
学生ローンも満20歳以上になれば親の同意なしに借入できます。

 

 

クレジットカードがもっとも手堅い方法

クレジットカードの写真

消費者金融や銀行からの借入は未成年者の利用はできなくても、クレジットカードのキャッシング枠であれば未成年でも利用できます。
ルールだけ聞くと不思議なもので、クレジットカードのキャッシング枠の仕組みはカードローンとほぼ同じ貸付商品ですが、カードに付属するキャッシング機能は未成年者に緩いです。
すでにクレジットカードを持っている方はキャッシング枠が付いていないか確認しましょう。
キャッシング枠があればATMから手続きなしでお金を借りられます。
クレジットカードはあるけどキャッシング枠をつけていなかった場合は、キャッシング枠の増額審査を受けてみるとよいでしょう。
新規にクレジットカード申込をしてキャッシング枠を付ける方法もあります。
ただし、現在キャッシング枠のあるクレジットカードを持っていない場合は、キャッシング枠の増額やカードの新規申込をしても、審査とカード発行もしくはキャッシング枠増額手続きで3週間前後待たされてしまいます。
いざというときのためにも、キャッシング枠付きのカードを1枚持っておくと便利です。
また、キャッシング枠のないカードや、キャッシング枠を使い切ってしまっているけどショッピング枠は残っている場合は現金化サービスを利用する方法もあります。

クレジットカード現金化は可能?